附属中学校「中1進路講演会」

2月24日(金)、附属中学校第1学年では、進路学習の一環としてパネルディスカッション形式の講演会を行いました。

パネリストは、次の4人です。

瀬頭新治  様(諫早コンピュータカレッジ勤務 諫高24回生)
中尾小百合 様(FM諫早パーソナリティー)
山崎なず菜 様(十八銀行勤務 諫高66回生)
藤岡英嗣  様(長崎ケーブルメディア勤務)

各パネリストから、次のようなメッセージをいただきました。

・何に時間を費やしてきたかがしごとにつながる。

・誰かのために働くこと、前向きに未来のことを考える。

・何が仕事に結びつくか分からない。興味あること、打ち込めることを追求しよう。失敗してもいいからやってみよう。

・場所は関係ない。人とのつながりをつくっていく作業が仕事につながる。

・みんなの笑顔のために…という思いで働くと、自分の存在が確認できる。

 

働くこと、生きることについて、深く考える時間になりました。

パネリストの皆様、ありがとうございました。

290224中1進路講演会